2014年1月31日金曜日

ていお亭通販ご利用のお客様へ

毎度ていお亭通販をご利用いただきありがとうございます。

今月ご注文いただきましたお客様への発送は
2月3日を予定しております。

2月2日のコミティアで配布する描き下ろしチラシを
同封いたします。

発送までもうしばらくお待ちいただけますよう
お願いいたします。

2014年1月30日木曜日

【AA】ドキドキプリキュア!最終話感想文2

※時間がないので後日加筆します、と描いたものの
時間が空いてしまったので新たに記事を書くことにします。(゚ω゚)

【モヤッとしたところ】

これを語るか語るまいかで少し迷いました。

文句は全て先週のまとめ記事で語りつくし、
「不満が消えないことは承知した上でいいところを見つければ最終回は楽しく見られるだろう」

という考えで、いつもならひっかかるであろう細かいところには
触れないつもりでいました。


が。

日が経ってみるとやっぱりそれはそれで気持ちが悪い。
と言うことになりました。

いいところも引っかかったところも全部語りつくしてこそ
最終回感想文にふさわしいと思いますしね。

2014年1月26日日曜日

【AA】ドキドキプリキュア最終話・感想文


第49話「あなたに届け!マイスイートハート!」

脚本=山口亮太 演出・絵コンテ=古賀 豪
作画監督=高橋 晃 美術=斎藤 優

【AA】


時間に余裕が無いので詳細は後日書きますが、

いい最終回でしたね(´ω`*)


昨日までに「まとめ」をしておいてよかったです。
おかげで今回は不満な点は「それはとりあえずおいといて」

素直に作品を見ることができました。

2014年1月25日土曜日

最終回に間に合った

ついにコメントまとめができました。

読みやすい構成のためにはいただいたコメントを
カットしなくてはいけませんでしたが、
一つ一つの文意を正確に読み取ってカットしなければ

折角意見を教えてくれた人に対して大変な失礼を
することになってしまいます。

48話コメント紹介

今回もいただいたコメントを内容毎に【賛・否・考】の3つに分けてまとめてみます。

「ドキドキプリキュア」はたぶん、単純に良し悪しどちらかで語ることは出来ないと思います。

楽しく見ることは出来たけど、多くの部分で疑問や矛盾を感じるからです。

だから、
「こういう不満もあったけど、こういう面白いところもあったよね」

と、考えることが最も腑に落ちる「感想」になると、私は思います。

そのためには、皆さんの言葉を借りて、作品の
良いところと悪いところ全てを書き連ね、把握する必要があるのです。

゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

2014年1月23日木曜日

つぶやき(゚∀゚)

うわあお!Σ(゚Д゚;ノ)ノ

気が付いたらもう金曜日。

仕事のノルマラインを毎日ギリギリ超えるスリルと
「明日こそは時間を作って・・」と思っていたらもう金曜日。

コメント数も読み応えのあるものばかりで45。

まとめます。まとめますよ。でなくちゃ折角描いてもらったコメントが
勿体無いですから。


編集には感想本文以上の気合が必要になりそうです。..._〆(゚▽゚*)

2014年1月22日水曜日

今週の感想まとめは

先週に輪をかけて時間に余裕が無かったりしますが、
今週はしっかりまとめをして最終回を迎えたいと思います。

私の感想よりもよほど腑に落ちるご意見もありましたので。

自分の感想を書き終えた後でもモヤモヤが残ってしまうときには、コメント欄に
いろんな方が自分とは全く違う感想を遠慮なく寄越してくださることが
とてもありがたく感じます。


皆さんのご意見を踏まえてもう一度、
自分なりの解釈をしたいと思います。

2014年1月20日月曜日

ていお亭通販が定期になりました。

通販を重ねるうちにスムーズな発送システムを作ることが出来たので、
通販を月イチ発送の定期に変更いたしました。

ご注文方法も大幅に簡略化され、

①サイトで注文して
②月末までにお支払いする

だけとなりました。入金証明メールなどは不要となります。

ぜひご利用くださいませ(´ω`*)

http://teiotei.web.fc2.com/tuuhan.htm

2014年1月19日日曜日

【B】第48話「ドキドキ全開!プリキュアVSキングジコチュー!」

脚本=山口亮太 演出・絵コンテ=三塚雅人
作画監督=稲上 晃 美術=飯野敏典
【B】


▲何はともあれ良いシーン。
3分割した娘がちゃんと3人でお父様を迎えに来た。

当然の結果だけど、よかったね。・゚・(ノ∀;)

2014年1月15日水曜日

今週のまとめは

現在時間とスタミナに余裕が無いため、なかなか
コメントまとめに手をつける時間がありません。

来週のOAまでに時間が出来たら更新します。ψ('ー'*)

2014年1月12日日曜日

ていお は すばやさ があがった!


実はものすごく時間に余裕が無いのですが、
どうしても描きたくて抑え切れなかったので

「じゃあ超特急で描け!」ということで
今日、感想文を描き終えた後にこの絵を描きました。

【A】第47話「キュアハートの決意!まもりたい約束!」

脚本=高橋ナツコ 演出・絵コンテ=田中裕太
作画監督=仁井 学、北條直明、杉本幸子
美術=佐藤千恵
【A】

レジーナとの和解の場面は
「その話はもうしたじゃん」とか
「同じ内容を台詞を変えて引き伸ばしたなぁ・・」

とか思いましたが、当然承知していたので話半分でスルーしました。(゚ω゚)

2014年1月11日土曜日

ていお亭通販・発送

通販をご利用のお客様へ

本日ただいま商品の発送を完了いたしました。
到着までしばらくお待ちくださいませ。

もし4日たっても到着しない場合は確認をしますので
お手数ですがご連絡くださいますようお願いいたします。

生まれついてのうっかり者の私にとって事務仕事は「天敵」ですので、
今回こそはミスなく作業をしたつもりですが、

今回もきっとなにかしらのミスをしていると疑っています。

何しろ、これまでの通販でノーミスだったことは一度しかないのですから。

よって、商品の入れ違いや不足がありましても慌てず
ご連絡いただけますようお願いいたします。(´;ω;`)

2014年1月10日金曜日

ペンタブあげます(1名様)

※譲渡先が決まったので、募集は終了いたしました。

▲wacom intuos3。
私がデジタル原稿を導入したときに初めて買ったペンタブで、
ジャアクキング本5まではこれで原稿を作っていました。

最近は液晶タブレットだけを使うようになったので、
これの出番はなくなってしまいました。

旧世代機とはいえ、今でも現役で十分使えます。
このまま倉庫に眠らせているのは勿体無いので、

このブログをご覧の方で、お絵かきが好きな方が居たら
差し上げたいと思います。

2014年1月8日水曜日

46話コメント紹介

隠されていた真実の設定について皆さんが語っているのを拝見していて
「なるほどなー」と感心したりはするものの、

私は自分からそこに込められたギミックの妙を確認しようという気分にはなれず、
いまいち語ることが出来ません。


緻密で矛盾が無く、見事にすべての謎がつながる物語は
本当に驚き感動しますし、そういう作品はアレコレ想像するのも楽しいです。

が。

2014年1月7日火曜日

コメントが消えてしまう件について

12:00前後に2回ほど46話の感想にコメントさせていただきましたが、しばらくすると消えていました。

今週の感想記事に対するコメントに対して私が削除をした事はありません。

今週はどういうわけかスパムの量が多くなり、それに釣られてか
「自動スパム判定」がよく誤作動しています。

スパム判定はこのブログの機能であり、判定基準を私が設定することは出来ません。
今週はすでに5件を「スパムではない」処理をしコメント欄に復帰させています。

一日一回誤判定のチェックをしているので、
消されてしまうことがあっても少し待ってみてください。


私が不適切だと判断したコメントは例外を除き
「このコメントは削除されました」という痕跡を残しています。

2014年1月6日月曜日

ニャンコハウス2

寒いですね。ヒートテック重ね着して冬用のスエットを着ても
外に出ると5分と我慢できません。

となると心配になるのがネコ毛皮一枚のあいつら。

夜中に寝床を観察してみると、ダンボールの口が大きく開いていて
背中が寒そうでした。

ということで、ちょっと張り切って日曜大工と洒落込みました。

▲これが新型ニャンコハウス2・ディレクターズカット・デュアルショックバージョン。

2014年1月5日日曜日

【B】第46話「エースとレジーナ!誕生の真実!」


脚本=米村正二 演出=岩井隆央
絵コンテ=門 由利子 作画監督=上野ケン 美術=田中美紀
※  【B】  ※



「プリキュアむかしばなし」といった印象でしたね。
私は20分間退屈することはなかったですが、

「先週ポカーンだった子供はこれをどう見るんだろう?」とは思いました。

「プリキュア」ではなく「ファンタジックなものがたり」としてみれば
これはこれでアリだったんじゃないかな、と思う・・・

というか、「そうだといいな」と思います。
物語も絵も絵本みたいだったし。
▲絵本の挿絵みたいじゃん?

※  ※  ※


今回は文句のあとに別解釈を書き加えた2視点の感想文となっています。

2014年1月1日水曜日

【S】プリキュアオールスターズNS2感想文

監督・小川孝治 脚本・成田良美
【S】

噂どおりの面白さでした。(*゚∀゚*)

▲この当時は「ドキドキ」が始まったばかりのはずだったのに、
マナたちがすでに今と同じ「いつものマナたち」だったのが興味深かったですね。

脚本も役者もキャラを掴みづらかったでしょうに、
すごいなぁと思いました。(*´ω`*)

クレヨンしんちゃん・オトナ帝国の逆襲感想


旧過ぎて「今更」という批判すら当てはまらない昔の映画ですが、
良い評判を沢山聞くのでいつか見てみたいと思っていました。

新年(*゚∀゚*)


あけましておめでとうございます。(´∀`*)
本年も週刊ジャアクキングを宜しくお願いいたします。

※  ※  ※

以前チョロッと書きましたが、ここ数年の私の新年の過ごし方は
「夜更かしして良い映画を観る」
「そしてTVを消した後の静かな時間、ゆっくり余韻に浸る」

という事にしています。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 12/30 国際展示場 C93 土曜東S 60a ○ 1/21 蒲田PIO ...