2014年10月26日日曜日

第38話「響け4人の歌声!イノセントプリフィケーション!」

脚本=成田良美 演出・絵コンテ=中村亮太
作画監督=赤田信人 美術=田中美紀

゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜

キタ━━☆゚・*:。.:(゚∀゚)゚・*:..:☆━━━!!

人類の敵!青瓢箪がついに汚名返上しましたね。
そうそう、こういうのが見たかった。

「遅いよもー!」・・と言いたいところですが、ここは素直に
「良くぞやってくれた」とブルーと脚本家を賞賛すべきと思います。

もやもやする展開から一転、今回は見ごたえがありましたね!

2014年10月19日日曜日

会津・取材旅行記

これから本格的に幕末・会津・八重さんの漫画を描くに当たっては
やはり一度は会津を見て回らなければいけないと思い、

「萌えの桜」プロデューサーにお願いして史跡・名所を案内して頂きました。

▲綺麗なお城から
▲ミステリアススポットまで。

第37話「やぶられたビッグバーン!まさかの強敵登場!」

脚本=高橋ナツコ 演出=岩井隆央 絵コンテ=入好さとる
作画監督=フランシス・カネダ、ジョーイ・カランギアン 美術=佐藤千恵

゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜


物語の構成、言葉の選び方や会話のテンポ、カメラワーク等の演出の単純さは
まるで絵本をそのままアニメーションにしたかのような感じでしたね。

2014年10月16日木曜日

旅に出ます(`・ω・´)

取材のために2日半ほど会津へ行ってきます。(`・ω・´)

万一私へ向けたブログコメントなどがあっても
この間は返事が出来ませんのでご了承ください。


2014年10月13日月曜日

感想文の今後について

私は現在、毎週の感想を書く事について一つ矛盾を抱えています。

第36話「愛がいっぱい!めぐみのイノセントバースデー!」

脚本=成田良美 演出=鈴木祐介 絵コンテ=田中考行
作画監督=上野ケン 美術=斉藤 優

゚・*:.:♪*・゜゚・♯*:.。. :*・゜


どのような感想文にするかについてかなり迷ったのは
先に述べた通り。

ですが、それを踏まえて「今回はなるべく当たり障り無く書いていこう・・」
と思ったとたんすごく書くモチベーションが落ちました。


感想文を描くのも漫画を描くのと同じで、
「主張したいもの」がなければペンを取ることさえ出来ませんし、

主張をぼかそうというのであればそれは
私にとっては書く値打ちを失うことになってしまいます。

そんな感想に人を付き合わせるのも失礼ですし、
読まされる人は不愉快になるでしょう。


だから、やっぱりいつもどおり書くことにします。

※余計なことは書かず、思ったことを淡々と書く事に
専念しましたが、それでも十分ネガティブに受け取る人は多いと思います。

その点は覚悟いただいた上でご覧ください。

2014年10月12日日曜日

迷い中(´・ω・`)

今週の感想文、どう書いたもんか思案しています。

いいな、と感じるところがいくつかあって、
だからあんまり不満を言いたくない気分なんだけど、
基本的には「それを表現するならアレが足りないとか、こうしたほうが・・」とか
考えながら見てました。

それを語っちゃうと、「いいなー」と感じたところは文章の中で
存在感をなくすだろうな・・

と思うので、丁度良い表現の塩梅を検討しているところです。



特に我慢できないという程でもないので、
今回はマイナス表現のトーンは削っちゃおうと思っています。

書き上がりまでちょっとお待ちください。

2014年10月5日日曜日

第35話「みんなでおいしく!ゆうこのハピネスデリバリー!」

脚本=田中 仁 演出・絵コンテ=門 由利子
作画監督=星野 守 美術=篝 ミキ


(*゚∀゚*)おおーー
超いいじゃん。チョロッと涙出ちゃった。

2014年10月4日土曜日

ふつうの雑記

以前
「練習を毎日続けていると、あるとき何かのきっかけで突然変化することがある」

と書いたことがありましたが、
どうやらそれは「作画速度」だけの話ではなかったようで

作画においてもその傾向が見られたのでちょっと書いておきます。

ていお亭・イベント参加スケジュール&近況報告

日時 場所 イベント名 配置番号 新刊 9/3 大田区産業プラザ 僕らのラブライブ!サンシャイン05 申込完了 9/10 大...